車と一緒にカーナビを買取してもらうのは避けよう

カーナビが標準装備もしくはオプションで付けられる車が最近は増えています。つまりカーナビのない車は、売れないとも言えます。そのため一度もカーナビ自体を買い替えたことがない人も多いはずです。ならば車を手放す際に、まとめてカーナビを下取りしてもらう方法は得をするのでしょうか。

車と一緒なら単なる部品になる

車を買い替える際にカーナビなどの付属品も一緒に査定してもらうでしょうか。もちろんそうした方が面倒ではありません。今あるものをまとめて売った方がすっきりするでしょう。

しかしまとめてしまうと、高価なカーナビであっても単なる部品にすぎません。車の買取価格にプラス上乗せされるだけです。もしも初めからの付属品ではないなら、つまり自分で後から付けたカーナビなら、絶対に別売りすべきです。

あわてると足元を見られる

すべて含めて一括査定してもらうと、専門知識のない素人と思われ、足元を見られることがあります。本来の価値よりも低く査定されるケースも少なくありません。正規ディーラーへ車を売る場合以外なら、注意しましょう。

もちろん買取店であっても同じことです。そのため車の査定に際しては、忙しい、急いでいる、理由はあるでしょうが、最低でも3店舗に見積もりを依頼しましょう。意外なほど値段の差が出たりします。

純正品でも買取店にお願いしよう

初めからオプションで装着されていた純正品ならば、そのまま査定してもらうのもよいでしょう。素人には取り外しが難しいかもしれません。下手に外して壊したらおしまいです。

とはいえ純正品であっても、買取店に査定してもらいましょう。お店の人であれば、きれいに外してくれます。中古の純正品を求める人も多いので、高く買取してもらえるでしょう。

早めに買い替えよう

車を売る際であっても、カーナビは取り外し別物として買い替えましょう。よほど純正品にこだわっている場合以外は、早めに買取してもらった方がメリットはあります。

古いカーナビは買取が難しいようです

今のカーナビはいつ買いましたか。新しいカーナビに買い替えませんか。とはいえ古いカーナビは、リサイクルショップでも買取が難しいです。もちろん使っているカーナビを捨てる覚悟ならば別ですが、カーナビマニアではない限り、少しでも新しい製品を使うべきです。

古いカーナビは買取が難しいです

どんな業界にもマニアはいます。そのため買取できない製品はないかもしれません。とはいえ相場的に考えると、古いカーナビは買取が難しいでしょう。少ないニーズのために在庫を抱える業者は専門店に限定されるからです。

発売から日が経つにつれ買取価格は下がっていきます。需要も激減します。一般的な中古品と同じです。よほどのレア商品ではない限り、価値は購入した値段の半額以下になり、業界から忘れ去られる運命です。

お店のニーズを見極めよう

全国チェーンの大きな買取店であっても、既に在庫が多い製品を新たに買取しようとはしません。ウェブサイトなどを参考にして、自分が持っているカーナビを今必要としているお店を探しましょう。

買取には波があります。自分の持っているカーナビの需要期でなければ、少し時期をずらすのも一法です。近場ばかりではなく、遠くのお店も、探してみるとよいでしょう。どこかであなたのカーナビを欲している人がいるはずです。

フリマで売ろう

古いカーナビは、フリマで売る方が賢明かもしれません。ただし自分で取り外しができるならばの話です。わざわざ外しに来てくれる人はいないでしょう。

もちろん査定のついでに買取業者に外してもらうことも可能でしょう。その場で売らなければよいだけです。売るか売らないかは、所有者の自由であり権利です。

早めに買取してもらおう

2年以上使っているカーナビであれば、早めに買取してもらいましょう。時間が経過するほど、陳腐化され買取が難しくなります。ごみ扱いされる前に、査定だけでもしてもらいましょう。

カーナビの買い替え時はいつなのか

カーナビを含めた家電に関して、明確な買い替え時はありません。新製品もどんどん登場します。考えてもキリがありません。とはいえ強いて言うならば、欲しい時が買い時です。今のカーナビに違和感を覚える、道なき道を走っている状態になれば、早めに買い替えましょう。

ソフトの更新はスムーズですか

カーナビソフトの更新は1年に2回ほどのペースであります。いちいち面倒ですが更新を怠ってはいけません。そもそも最新版のソフトにしないとカーナビの意味がありません。ただし古いカーナビはソフトの更新がスムーズにいきません。

つまり道なき道を走っている場合があります。目印となるコンビニがなくなっていることも珍しくありません。銀行店舗の統合も激しいです。ソフトが古いと道に迷います。失敗する前にカーナビを買い替えましょう。

追加機能が欲しいですか

カーナビは、単なるカーナビではありません。テレビが見られるのは当然です。DVD視聴も当たり前、USBと接続したり、スマホと連動できるタイプもあります。

最新型のカーナビなら渋滞情報を教えてくれます。目的地検索も簡単です。そうした本来の機能も充実しています。

なお最近は運転時のトラブルも増えています。そのためにドライブレコーダーが内蔵されている製品が重宝します。まさかのために備えておきましょう。

GPSの精度が上がります

日本版GPS衛星が打ち上げられました。今後はGPSつまりカーナビの精度がさらにアップすると予想されます。そうすると、今買うべきなのか、新しいGPSバージョンの時に買うべきなのか。

新しいGPSシステムは、自動運転技術ともリンクします。縦列駐車なども簡単になるでしょう。そうすると、究極はカーナビが不要になるかもしれません。そう考えると、本当に買い替え時の判断が難しくなります。

早めに買取してもらおう

古いカーナビはソフトの更新が難しくなります。そのため今あるカーナビを早く買取してもらい、少しでも新しいカーナビに買い替えましょう。早く査定を受ければ値段も高くなり、次の製品が買いやすくなります。

カーナビを高く買取してもらえる時期がある

カーナビは安くありません。中古品でも10万円を超える製品があります。ならば少しでも高く売りたいですね。もちろんきれいに使っていることが第一条件です。専門店を選ぶこともひとつの方法です。さらに高く買取してもらうには、査定を受ける時期もあるようです。

引越が多い春と秋

車の買取と同じですが、需要のある時に売るのがベストです。例えば引越の多い季節です。一般的には3月下旬から4月上旬にかけて、また企業などの転勤は夏から秋にかけて行われます。

新しい生活を機に、車も買い替えられます。中古車ならカーナビも欲しいですね。ということで中古のカーナビも売れます。すると買取ショップも新たな在庫が欲しくなる、芋づる式に、ちょっと悪い品でも売れるようになるでしょう。

大型連休の前

異常気象が常態化していますが、日本には明確な四季があり楽しむことができます。例えば春になると気分がウキウキします。何かをしたくなります。ドライブやピクニックへ行きたいでしょう。その際にはカーナビが必須です。

そういう意味では4月末からのゴールデンウイーク前もカーナビの売り時です。車が売れるようになるからです。年によりますが、秋も連休が続きます。春に逃した人は、ここも狙い目です。

スキーへ行く冬

冬もカーナビの需要期です。つまりスキーへ行きたくなるからです。昨今は道具を宅配で送り電車で行くツアーなどもありますが、友人らと車で行くのも楽しみです。そのためにはカーナビが不可欠です。

もちろん最新型のカーナビが求められますが、まずは数が必要になるでしょう。ならば古いタイプのカーナビでも高く買取してもらえる可能性がアップします。

早めに買取してもらおう

誰も考えることは同じです。行楽期には物が売れるようになります。業者の在庫が増える前に、少しでも早く買取してもらいましょう。一歩先を進む人にメリットが与えられます。

カーナビを高く買取してもらうにはメンテナンスをしよう

古いカーナビも財産です。少しでも高く買取してもらいたいですね。そのためには条件があります。次の人のことを考えて、きれいに使うのが当然のエチケットです。同じようにまめなメンテナンスを受けているかどうかも買取価格に影響します。プロの査定を甘く見てはいけません。

きれいに使おう

カーナビの買取業者は、それを別のお客さんに売却します。それが商売です。ならば新しく買う側になって考えてみましょう。どんな製品なら中古であっても欲しくなるでしょうか。それはきれいな製品です。

日本人は車も含めて、ちょっとした傷も気にします。変なシミなどがあっても嫌ですね。日本人にとって車は第二の家です。査定をお願いする前に、見える場所はきれいに掃除しておきましょう。

ソフトを更新しておこう

知っている道しか使わない人も多いでしょう。そのためカーナビに対する需要があまりないのかもしれません。とはいえソフトの更新はまめにしておきましょう。面倒かもしれませんが、それが少しでも高く買取してもらうコツです。

まめに使っている、そう思われると、メンテナンスがしっかりしている、そう考えてくれます。すると状態が良いと判断されることもあるため、査定額のアップにつながります。

パーツを揃えておこう

ものを売る際は、最初に買った状態へ戻すことが原則です。例えば箱はありますか。購入時に箱を捨ててもらう人もいますが、家電系の場合には箱ごと引き取りましょう。お店で取り付けてもらったとしても、箱があると後に役立ちます。

また使わない配線類やパーツもありますか。それらがすべて揃って、一つの製品として売られます。一部パーツがないだけで、買取できないことが少なくありません。

早めに買い替えよう

物は、使えば使うほど老朽化します。そのため早めに買い替えましょう。人間と同じです。きれいに丁寧に使えば使うほど老朽化を防げます。少しでも高く売りたいならばメンテナンスは必須です。